妊娠しやすい体 生活

生活習慣を改善して妊娠力をアップ

 これから赤ちゃんがほしいと思っている方や、なかなか妊娠しないと悩んでいる方に、妊娠力をアップさせる生活習慣についてご紹介します。

 

 

 

 

からだを冷やさない

 からだが冷えると血流が悪くなり、ホルモンバランスをくずしてしまうことがあります。ホルモン分泌が正常におこなわれることは妊娠するためにとても重要です。
 また下半身が冷えると卵巣や子宮の機能が低下してしまい妊娠力が低くなってしまいますので、露出の多い服装はせず、おなか周りを温かく保てるような服装を心がけましょう。

 

 ただし、からだを強く締めつける服装は、血流を悪くさせてしまいますので、ジーンズやガードルは多少ゆとりのあるものを選ぶようにします。

 

血行をよくする

 女性は、骨盤内の血行が悪くなると、卵巣や子宮の機能が低下してしまい妊娠力が低くなってしまいます。男性は、精巣内の血行が悪くなると元気な精子をつくる働きに影響がでることがあります。
 血行を良くするには、適度な運動を長く続けることが大切です。ウォーキングやラジオ体操など継続してできる運動を取り入れましょう。
 また、シャワーだけでなくお風呂に浸かることも血行促進に効果的です。

 

 

 

 

 

標準体型を保つ

 BMI値が極端に低かったり高かったりする人はホルモンが正しく分泌されずに、妊娠力が低下してしまうことがあります。月経や排卵のトラブルを引き起こす可能性があるためです。

 

 やせすぎの場合、適度な体脂肪がないためホルモンの原料であるコレステロールが不足し、ホルモンの分泌が抑制されてしまいます。太りすぎの場合は、ホルモンを運ぶ働きのある筋肉が少ないため、ホルモンの流れが滞ってしまいます

 

 ただし、太りすぎの場合でも無理なダイエットは危険ですので、時間をかけて減量するようにします。短期間のうちに体重が激減すると、ホルモンの分泌に悪影響があり、卵巣の働きが悪くなるほか月経がとまってしまう場合もあります。

 

〈BMI値の算出方法〉
BMI値=体重(kg)÷[身長(m)×身長(m)] 

・BMI値18.5未満・・・やせすぎ
・BMI値18・5以上25未満・・・標準
・BMI値25以上・・・太りすぎ

 

 

ストレスやプレッシャーをため込まない

 女性も男性も仕事などで、ストレスやプレッシャーを感じることが多いと思いますが、妊娠力が落ちる原因となってしまいます。
 妊娠に必要なホルモンを分泌するための指令をだしている脳の視床下部というところが、ストレスの影響を受けやすいためです。

 

 

妊娠力アップのためにしたいこと

・からだを冷やさない
・禁煙する
・ストレスをためない
・アルコールはほどほどに
・男子の睾丸は温めすぎない
・ウォーキングなどの適度な運動を継続する

 

 

とくに女性は、血流がわるくなって冷え症などになりがちです。適度な運動を心がけるとともに、体を冷えから守って、妊娠しやすい体質に改善していきましょう。